スヌードへのこだわり/素材・季節・様々なデザイン/

巻物屋makimonoya‐スヌード
スポンサーリンク

巻物屋makimonoyaのスヌード




素材選び

素材の特徴

綿(コットン)

アオイ科ワタ属の植物 約40種類の総称 長い綿毛の種子(コットンボール)が綿の原料 天然繊維

吸水性、吸湿性、肌触りが良く、赤ちゃんの下着、肌着、下着等に汗を吸収してくれるのでよく使用されてます。

染色しやすくて発色がいいのも特徴です。デニム等

麻(リネン)

アサ科アサ属 植物表皮の内側の柔繊維、葉茎等からとれる繊維の総称 天然繊維

シャリ感やサラサラとした肌触りで、通気性が良く、春夏の衣料によく使用されます。

吸水性、吸湿性にも優れています。

お洗濯にも丈夫で、洗う度に柔らかくなり良い風合いになっていく繊維です。

絹(シルク)

蚕(カイコ)が作る繭(まゆ)からとった繊維 天然繊維

タンパク質繊維で肌に良く光沢があります。

シルクは、綿より吸水性があり、保湿性も通気性も良い繊維です。

衣料品だけではなく、健康や美容、化粧品等にも使用されてますね。

羊毛(ウール)

羊の毛を原料とする毛糸、毛織物 動物繊維

暖かく、保湿性に優れています。

収縮性もあり、シワになりにくく、汚れも落ちやすい繊維です。

みなさんおなじみの繊維かと思います。

カシミヤ

カシミヤ山羊の毛を原料とする毛糸、毛織物 動物繊維

保温性、保湿性に優れています。

軽く、柔らかい肌触りで光沢があります。

生産量が少なく、高級素材です。

mimi
mimi

気に入った糸に出会えたら、その他にも色々な素材の糸を使用します。

 

使用する季節の主な素材

春はこれから暖かくなる季節ですが、寒い日があったりしますね! 使用素材は主に、綿(コットン)、麻(リネン)、ウール、シルク、混紡糸等で薄く編み上がる細い糸を使用しています。

夏は汗をかきやすい季節ですので、吸水性に優れた綿(コットン)、やシャリ感のある麻(リネン)、を主に使用しています。アクセントにシルク等、他の素材も使用し薄く編んでいます。

秋は、スヌードが活躍する季節ですね!薄手の糸~やや厚手に仕上がる様に糸の太さを調節して編んでいます。綿(コットン)、ウール、シルク、カシミヤ、混紡糸、アクセントにモヘア等も使用します。

冬は、コーディネートでスヌードを変えて、おしゃれを楽しみたいですね!綿、ウール、ラム、カシミヤ、モヘア、シルク、混紡糸、様々な糸を使用して温かみがある様に、薄手~厚手まで編んでいます。

一点物のデザインも数多く

巻物屋のスヌードは、1つのデザインの枚数を少なくして、沢山のデザインの中から選べる様に製作しています。

中には、一点物のデザインも多くありますので、お気に入りを探してみて下さい!

mimi
mimi

色々なデザインでコーディネートを楽しんで下さい!

縫い合わせ

スヌードの輪の縫い合わせは、特殊なミシンで縫い合わせていますので、すっきりとした仕上がりです。

過去の作品 スヌードギャラリー1~

スヌードの注意事項・お洗濯等

PC環境により、実際の商品と多少色の違いが生じる場合がございます。
薄い商品は、ひっかけにご注意下さい。
編み上がり後 縮絨(洗い)加工をしております。
*糸の大きな縮み防止
*お洗濯出来るかのテスト
*風合い出し
加工後も縮む場合がございます。

お手入れ・お洗濯について

ドライクリーニングをお勧め致します。
ご家庭でお手入れされる場合は、冷水にて軽く押し洗いをして、軽く絞り陰干しして下さい。
お洗濯を、繰り返す事で色落ちする場合がございます。
乾燥機は、ご使用ならないで下さい。
お洗濯後のアイロンかけ(低〜中)をお勧めします。薄手の商品は、糸本来の良さが際立ちます。
収納は、必ず防虫剤をご使用下さい。

mimi
mimi

製作した新作スヌードをメルカリshopsにて、販売しております。

 

 

巻物屋makimonoya    mimicyan8 

タイトルとURLをコピーしました